体を動かす

妊娠時にとても大切な葉酸

葉酸は、普段の食生活で、十分補えるので、不足するようなことは心配するほどないのですが、妊娠時は葉酸が普段以上に必要になってくるので普段以上に気にして摂取することが必要です。 葉酸は、ほとんどの緑黄色野菜に含まれているのですが、熱に弱く加熱調理すると含まれる葉酸が少なくなってしまうので、野菜だけで摂取するのは難しく、 野菜以外にも、葉酸が含まれている食べ物はたくさんあり、納豆や海藻、レバーや卵の卵黄、果物にも含まれているので、1日の食事やおやつなどに上手に組み合わせると無理なく摂取することが可能です。 妊娠を希望している人も妊娠前なら気にして摂取するようにすると妊娠しやすい体に近いていくようなので、とてもいいようです。

料理だけでの摂取は難しい

仕事などをしていて、葉酸にこだわった料理をする時間があまりなかったり、つわりなどで食事が取りにくい時などは、葉酸サプリメントなどで補うことも出来るようです。 私は葉酸サプリメントで補っていましたが、便秘気味になってしまい、何か方法は無いかと思っていたら、最近は牛乳に葉酸が含まれているものがあり、毎日その牛乳を飲むように心掛けました。 サプリメントにも、たくさんの種類があるので原材料が天然のものを使用しているのもを選ぶようにしましょう。 科学的に合成されたサプリメントから過剰摂取してしまうと、蕁麻疹や過呼吸になってしまったりと副作用が出ることがあるようです。 妊婦さん以外でも葉酸が不足すると、血流の不足や動脈硬化などのリスクが高くなるようなので食事を見直すきっかけを作ってみてはいかがでしょうか。